「ヒース・レジャーはクレイジーだ!」シェカール・カプール監督来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年7月8日 > 「ヒース・レジャーはクレイジーだ!」シェカール・カプール監督来日
メニュー

「ヒース・レジャーはクレイジーだ!」シェカール・カプール監督来日

2003年7月8日 12:00

シェカール・カプール監督「サハラに舞う羽根」

シェカール・カプール監督
[拡大画像]

前作「エリザベス」でアカデミー賞7部門にノミネートされたシェカール・カプール監督が、新作「サハラに舞う羽根」のプロモーションのため来日。セルリアン・タワー東急ホテル(東京・渋谷)で記者会見を行った。

19世紀末のイギリスで、戦争に行くことを拒んだため、恋人や友人から臆病者を意味する白い羽根を送られた主人公が、国や名誉のためではなく、愛する人たちを救うために砂漠を越えていくというストーリーで、ヒース・レジャー、ウェス・ベントレー、ケイト・ハドソンら、次世代のハリウッドを担う3人が競演する本作は、リアリティを大切にするためロケに拘ったが、砂漠で戦うシーンが多く、撮影には大変苦労した様子。「雨でセットが無くなったり、馬が走るとひどい埃が舞き上がったり。また、リハーサルをすると砂に足跡がついてしまうから、リハーサルごとに場所を変え、1日が終わるとかなりの距離を移動するんだ。そうして、元の場所に帰る途中には迷子になったり、忘れ物をしてヘリコプターで取りに戻ったり大変だったよ」と苦労を語った。また、主演のヒース・レジャーについては「彼はクレイジーだよ(笑)。砂漠での戦闘シーンで、落馬してから100頭の馬の中を走り、他の馬に乗るシーンがあったんだが、彼は自分でやると言う。私が『もしかしたら死ぬかも』と言ったら、『それを映画に使えばいいよ』と言うんだ。現場では保険会社が目を光らせているから、危険なシーンを役者にやらせることはできないんだが、今回は内緒で撮影、非常にエキサイティングだったよ。でも、ハリウッドの偉い人には『再びこんなことをしたら、ハリウッドで仕事ができなくなるぞ』とお叱りを受けたけどね」。「サハラに舞う羽根」は今秋、みゆき座ほか全国東宝洋画系にてロードショーされる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi