ショーン・コネリーとノリントン監督との不仲、修復不可能 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年7月8日 > ショーン・コネリーとノリントン監督との不仲、修復不可能
メニュー

ショーン・コネリーとノリントン監督との不仲、修復不可能

2003年7月8日 12:00

リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」のスティーブン・ノリントン監督(「ブレイド」)とショーン・コネリーとの関係は、もはや修復不可能のようだ。緻密でスローペースなノリントン監督の撮影スタイルに対して、コネリーが激怒したことは昨年お伝えしたが、映画の編集を巡っても2人は対立(ちなみにコネリーは、同作のエグゼクティブ・プロデューサーである)。結局コネリーの意見が採用されることになり、ノリントン監督はラスベガスでのプレミアをボイコットした。プレミアに出席したコネリーは、監督の居場所を訊かれると「精神病院にでもいるんじゃないのかね」と答え、「誰か、私が好きな人について質問してもらえるかい? この映画のスタッフたちと働くのは、そりゃ楽しかったんだよ。彼以外はね」と付け加えたという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi