「なまりの一番ヘタな俳優」はショーン・コネリー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年7月8日 > 「なまりの一番ヘタな俳優」はショーン・コネリー
メニュー

「なまりの一番ヘタな俳優」はショーン・コネリー

2003年7月8日 12:00

英映画専門誌「エンパイア」の投票で、ショーン・コネリーが映画史上なまりの一番ヘタな俳優に選ばれた。コネリーが「アンタッチャブル」でアイルランド人警官を演じた際に使ったアイルランドなまりは、生来のスコットランドなまりの強く残ったもので、映画史上最低の出来とコメント。コネリーはロシア人を演じてもイギリス人を演じても、必ずスコットランドなまりが残ってしまうと酷評された。ちなみにコネリーは、「アンタッチャブル」の演技でアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞で助演男優賞を獲得している。

2位は「メリー・ポピンズ」でロンドン・コックニーを演じたディック・ヴァン・ダイク。3位は「セブン・イヤーズ・イン・チベット」でオーストラリア人を演じたブラッド・ピットが選ばれている。

同誌は、「外国なまりを使った演技は俳優にとって、演技力を示すチャンスと思われているようだが、実際の効果は逆」として、ヘタななまりは演技力のなさを露呈する結果につながっているとコメントしている。「エンパイア」が選んだなまりの下手な俳優ベスト10は以下の通り。

1位

ショーン・コネリーアンタッチャブル

2位

ディック・ヴァン・ダイク「メリー・ポピンズ

3位

ブラッド・ピットセブン・イヤーズ・イン・チベット

4位

チャールトン・ヘストン黒い罠

5位

ヘザー・グラハムフロム・ヘル

6位

キアヌ・リーブス「ドラキュラ」

7位

ジュリア・ロバーツジキル&ハイド

8位

ローレンス・オリビエ「ジャズ・シンガー」

9位

ピート・ポスルスウェイトユージュアル・サスペクツ

10位

メリル・ストリープ愛と哀しみの果て

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi