「サウスパーク」製作コンビの新作はテロが題材 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年7月1日 > 「サウスパーク」製作コンビの新作はテロが題材
メニュー

「サウスパーク」製作コンビの新作はテロが題材

2003年7月1日 12:00

徹底的にやる!「サウスパーク/無修正映画版」

徹底的にやる!
[拡大画像]

「サウスパーク」の生みの親、トレイ・パーカーマット・ストーンのコンビが、テロリストを題材にした新作「チーム・アメリカ」を製作することが分かった。プロデューサーは「サウスパーク/無修正映画版」でもタッグを組んだスコット・ルーディン。スタジオはパラマウントで、監督はトレイ・パーカー、脚本は、パーカー&ストーンとパム・ブレイディが共同であたり、登場人物の声は「サウスパーク」同様、トレイらが自ら担当する。本作は「サウスパーク」のような切り絵アニメではなく、「サンダーバード」のような木製の操り人形を使った作品になる予定だ。

主人公は、テロとある有名人根絶を任務とするスーパーヒーロー。ストーリーには、アメリカの外交政策に対する風刺やジェリー・ブラッカイマー製作によるハリウッド大作映画のパロディが盛り込まれるという。

パーカーとストーンは、99年の映画「サウスパーク/無修正映画版」でフセイン大統領を地獄に送り込み、テレビ・シリーズ「That's My Bush!」ではブッシュ大統領のそっくりさんをキャスティングして、ブッシュ家の日常をパロディにした。新作では、どんな有名人がヤリ玉に上がるのか。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi