グレゴリー・ペックが死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年6月17日 > グレゴリー・ペックが死去
メニュー

グレゴリー・ペックが死去

2003年6月17日 12:00

12日、名優グレゴリー・ペックがロサンゼルスの自宅で亡くなった。48年間連れ添った妻のベロニクが見守るなか、眠るように息をひきとったという。享年87歳。代表作は、ヒッチコック監督の「白い恐怖」、オードリー・ヘップバーンと共演した「ローマの休日」、アカデミー賞を受賞した「アラバマ物語」、その他にも「白鯨」「紳士協定」「ナバロンの要塞」など。最近では、「アザー・ピープルズ・マネー」(91)や「ケープ・フィアー」(91)などにも出演していた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi