ブラピ夫妻、ティム・バートン監督で児童文学を映画化? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年5月27日 > ブラピ夫妻、ティム・バートン監督で児童文学を映画化?
メニュー

ブラピ夫妻、ティム・バートン監督で児童文学を映画化?

2003年5月27日 12:00

「夢のチョコレート工場」「夢のチョコレート工場」

「夢のチョコレート工場」
[拡大画像]

ロアルド・ダールの児童文学「チョコレート工場の秘密」を映画化した「夢のチョコレート工場」(71年/ジーン・ワイルダー主演)はカルト映画の古典として有名。セレブのなかにも同作のファンが多く、ブラッド・ピットもその1人だ。そして彼は、妻のジェニファー・アニストンと共に設立した製作会社「Plan B」で、同作のリメイク企画をスタートさせてしまった。スタジオはワーナー・ブラザースで、現在、ティム・バートン監督と交渉中だという。リメイクを誰にまかせるか、監督を選ぶ最終的な決定権はダールの遺族が握っているが、バートンは、数日中にロンドンでダールの親族らに面会する予定。独特の映像スタイルで知られるティム・バートンロアルド・ダール原作の「ジャイアント・ピーチ」のプロデュースを手がけたことがあり、まさに適役というところだろう。

ちなみにバートンは現在、ユアン・マクレガー主演の「ビッグ・フィッシュ」を製作中。その後、マイク・ジョンソン監督のストップモーション・アニメ「The Corpse Bride」の製作を担当することが決定している。「夢のチョコレート工場」は、監督が決定次第、年内にも製作準備に入る予定だという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi