東京タワーも「マトリックス」色に!ジャパンプレミア&記者会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年5月27日 > 東京タワーも「マトリックス」色に!ジャパンプレミア&記者会見
メニュー

東京タワーも「マトリックス」色に!ジャパンプレミア&記者会見

2003年5月27日 12:00

(左より)ローレンス・フィッシュバーン、キアヌ・リーブス、ジェイダ・ピンケット・スミス、ヒューゴ・ウィービング (左より)ローレンス・フィッシュバーン、キアヌ・リーブス、
ジェイダ・ピンケット・スミス、ヒューゴ・ウィービング

予想通り、全米はじめ世界中で大ブレイク中の「マトリックス・リローデッド」。本作のプロモーションのため、キアヌ・リーブスローレンス・フィッシュバーンヒューゴ・ウィービングジェイダ・ピンケット・スミスの役者陣に加え、プロデューサーのジョエル・シルバーらが揃って来日、26日、東京・六本木ヒルズにて開催されたジャパンプレミアに出席し、27日には同所で記者会見を行った。

ジャパンプレミアでは、ヒルズ内のアリーナに特設ステージを設置、レッドカーペットならぬ“グリーンカーペット”を通って著名人が次々と会場入りするという大規模なイベントに、周辺のファンも含め約6000人が集結。マトリックスご一行がステージに現れると会場は大歓声に包まれた。しかし、驚きはまだ止まらない。彼らが「マトリックス・リローデッド!」とかけ声を掛けると、東京タワーのライトアップはマトリックスカラーの緑色に。どよめくファンを前に、キアヌは「とにかくすごい映画。ぜひ楽しんで」と興奮気味に呼びかけ、全9スクリーンで2000人以上が鑑賞するプレミア上映に突入した。

翌日の記者会見も、600人の報道陣が詰め掛け満員御礼。キアヌは、ネオを演じられたことについて「ひとりの人間として、またアーティストとしての私に対するギフトだと思う」と答え、撮影中のエピソードとして「事故は全然なかったけれど、1度だけヒューゴの頭を本気で殴ってしまいました」と明かした。これに対してヒューゴが「もちろん、やり返したけどね」と返して会場の笑いを誘っていた。本作は、5月31日に先行上映を行い、6月7日から公開となる。

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • わたしは生きていけるの評論 わたしは生きていける 思春期の少女が抱える不安を、戦争というモチーフに置き換えて語るサバイバルドラマ
  • 郊遊 ピクニックの評論 郊遊 ピクニック 観客に媚びず、忍耐を強いることで真実を伝える監督の最終作
  • 物語る私たちの評論 物語る私たち サラ・ポーリーとその家族が、自分たちの秘密を大胆なおおらかさで語る秀作
映画評論の一覧を見る
採用情報