ビン・ディーゼルのミュージカル映画はデマ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年4月22日 > ビン・ディーゼルのミュージカル映画はデマ
メニュー

ビン・ディーゼルのミュージカル映画はデマ

2003年4月22日 12:00

評判悪いんだって「ワイルド・スピード」

評判悪いんだって
[拡大画像]

ビン・ディーゼルがミュージカル映画「野郎どもと女たち」のリメイクに出演するという噂が広まっているが、これはディーゼル本人が広めたデマであると、同作のプロデューサーが証言した。プロデューサーによると、まだスタジオとの製作交渉が終わっておらず、キャスティングにすら入っていないという。ディーゼルはニコール・キッドマンとの共演もほのめかしているが、すべてはディーゼルの思いこみであるとか。

そのビン・ディーゼルだが、最近、業界での評判が良くない。「ワイルド・スピード」で注目を浴びた彼は、初主演アクション映画「トリプルX」の全米公開前に、同作の続編に2000万ドル(約24億円)でサインという異例のスター待遇を受けた。しかし、「トリプルX」は期待されたほどの成績は上げられず(全米での興収は約1億4000万ドル)、その後公開された出演作「Knockaround Guys」はたったの1200万ドル、最近公開となった最新作「A Man Apart」の公開第1週の成績は1100万ドルと、コリン・ファレル主演の「フォーン・ブース」に負けている。ディーゼルのスター性を疑問視する声が出てきても不思議ではない。また、「ワイルド・スピード2」をオファーされた際にも、ディーゼルは自分抜きでは製作できないと読み、法外なギャラを要求。これに怒ったスタジオは、ポール・ウォーカーのみで続編を製作することにした。これで「ワイルド・スピード2」が大ヒットしたら、皮肉な結果となるが……。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi