ロス市警がセレブの個人情報を売っていた? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年4月15日 > ロス市警がセレブの個人情報を売っていた?
メニュー

ロス市警がセレブの個人情報を売っていた?

2003年4月15日 12:00

ロサンゼルス市警察の警察官が、セレブリティの個人情報をタブロイド紙に売っていたという疑惑が持ち上がっている。ロサンゼルス・タイムズ紙によると、ケリー・クリスマンという警官は、署内のコンピュータを使い、セレブリティの住所、電話番号、違反記録などを調べ上げていたというのだ。クリスマン本人は、「セレブたちの住宅地図を作成するプロジェクトのために上司に命令された」と容疑を否認しているが、当局はそのようなプロジェクトは存在していないとコメント。さらにクリスマンに不利なことには、ナショナル・エンクワイアラー紙の編集者との通話記録が証拠として残っているという。クリスマンが「リサーチ」したセレブは、メグ・ライアンハル・ベリードリュー・バリモアシャロン・ストーンジェニファー・アニストンシンディ・クロフォードショーン・ペンなど、数十名に及ぶと見られている。これが事実だとしたら、大スキャンダルだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi