早くも次のオスカー対策?ラッセル・クロウ主演作が公開延期 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年3月18日 > 早くも次のオスカー対策?ラッセル・クロウ主演作が公開延期
メニュー

早くも次のオスカー対策?ラッセル・クロウ主演作が公開延期

2003年3月18日 12:00

ラッセル・クロウ主演の歴史大作「Master and Commander: The Far Side of the World」の全米公開が、予定されていた6月から11月へと延期となった。同作は、パトリック・オブライエンのベストセラー小説「The Far Side of the World」の映画化で、ラッセル・クロウは船長のジャック・オーブリー役を演じている。製作費1億2000万ドル(約140億円)ともいわれる超大作で、監督は「刑事ジョンブック/目撃者」「トゥルーマン・ショー」の名匠ピーター・ウィアー監督であることから、来年のアカデミー賞狙いのための公開延期ではないかとみられている。

ちなみに、パトリック・オブライエンによる「ジャック・オーブリー船長シリーズ」は20冊もあり、映画版がヒットした場合は、続編が作られることはまず間違いないだろう。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi