マーティン・シーン、反戦運動のためクビに? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年3月11日 > マーティン・シーン、反戦運動のためクビに?
メニュー

マーティン・シーン、反戦運動のためクビに?

2003年3月11日 12:00

「ホワイトハウス」(原題「West Wing」)といえば、アメリカでもっとも人気のあるテレビドラマのひとつだが、そのなかで大統領を演じるマーティン・シーンが、クビになる可能性が出てきた。その理由は、なんと反戦運動をしているためだという。マーティン・シーンは、ハリウッドのなかでももっとも声高に反戦を訴えている俳優だが、それが戦争賛成派のアメリカ人の反感を買い、毎日数え切れないほどの嫌がらせのメールを送られている。また、賛成派が番組スポンサーに圧力をかけているため、スポンサーがボイコットに出れば、テレビ局はシーンを降ろすしかなくなるというわけだ。

インターネットには、反戦運動をするセレブを糾弾する組織(Citizens Against Celebrity Pundits)まで出来ていて、この団体によると「マーティン・シーンや、マイク・ファレル、ティム・ロビンスロブ・ライナー、バーブラ・ストライザンドらのセレブは、自らの名声を利用し、我が国の防衛に干渉している」のだそうである。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi