「シカゴ」に続け。新作ミュージカルは「小便タウン」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年3月11日 > 「シカゴ」に続け。新作ミュージカルは「小便タウン」
メニュー

「シカゴ」に続け。新作ミュージカルは「小便タウン」

2003年3月11日 12:00

映画版「シカゴ」の大ヒットを受けて、現在ハリウッドではさまざまなミュージカルの映画化が企画されている。先週お伝えした「野郎どもと女たち」に続き、今回映画化が決定したのは、昨年トニー賞で10部門にノミネートされ、3部門で受賞した政治風刺ミュージカル「Urinetown」。水不足のため、トイレを使用するたびに大金を払わなくてはいけないという、核戦争後の近未来が舞台。悪徳トイレ会社が市場を独占し、人々は虐げられている世界なのだとか。ちなみに、タイトルの“urine”とは小便のこと。この映画化を手がけるのは、異色ロックミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」を製作したキラー・フィルムズ。個性的な映画が期待できそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi