ジェニファー・ロペス、イギリスでやりたい放題 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年3月4日 > ジェニファー・ロペス、イギリスでやりたい放題
メニュー

ジェニファー・ロペス、イギリスでやりたい放題

2003年3月4日 12:00

いい話ですね「メイド・イン・マンハッタン」

いい話ですね
[拡大画像]

出演最新作「メイド・イン・マンハッタン」のプロモーションのためイギリスを訪問しているジェニファー・ロペスが、現地で珍騒動を巻き起こしている。英デイリー・メール紙によれば、滞在先のメトロポリタン・ホテルからわずか100メートル先のドーチェスター・ホテルへ行くために、総勢約30人が15分かけてリムジンに乗り込んで移動したのだという。周囲の見物人らは皆「なぜ歩かないのか理解できない」と呆気にとられていたのだとか。さらに、ジェニファーはメトロポリタン・ホテルで、元恋人のP・ディディが以前宿泊した部屋に通されたと知って激怒し、直ちに部屋を移ることを要求。ホテルのスタッフは60ケース以上もあるすべての荷物を何十分もかけて運び直したという。スタッフは「まるで茶番劇だった」とコメントし、「誰1人としてジェニファーに『もっと大人になりなさい』とは言えなかった」と語っている。

ジェニファーのホテルに対するとんでもないリクエストの数々も公開された。彼女は、ホテルの最上階を1晩1万3500ポンド(約257万円)で貸し切っていたのだが、ジェニファーが宿泊する部屋は白いカーテン、白いリネン、そして白い百合で飾り付けられた。ホテルのスタッフが彼女に話しかけることは許されず、料理は必ず部屋の外に置くように命じられた。シャンパンは1本390ドル(約4万7000円)の「クリスタル」に限定。寿司とチョコレートはいつでも出せるよう準備しておかなければならなかった。ジェニファーのスタッフがサン紙に語ったところによれば、「彼女は決して悪いボスじゃありません。すべてがスムーズに進んでいる限り、彼女はハッピーです。そうでないときは、怒りっぽいですけど」とコメントしている。ちなみに、「メイド・イン・マンハッタン」でジェニファーは、ホテルのメイド役を演じている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi