ショーン・ペン、プロデューサーに告訴される : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年2月18日 > ショーン・ペン、プロデューサーに告訴される
メニュー

ショーン・ペン、プロデューサーに告訴される

2003年2月18日 12:00

ショーン・ペンが、1000万ドル(約12億円)をゆすりとろうとしたとして、映画プロデューサーでエリザベス・ハーレーの子供の父親として知られるスティーブン・ビングに訴えられている。ここにいうゆすりとは、ショーン・ペンがイラク攻撃反対の姿勢を示したため映画「Why Men Shouldn't Marry」の主役の座を失ったとしてビングに1000万ドルの損害賠償を求めている訴訟のこと。訴えによるとペンは、イラク攻撃反対を訴えるペンのインタビューが放映された後、ビングが出演契約を取り消したと主張。一方ビングは、出演契約は存在せず、単に出演する気がなくなったペンが不当に金銭を要求しているとして、1500万ドル(約18億円)の損害賠償を求める訴訟を起こしている。まったく主張の食い違う2つの訴訟、さて、どちらの言い分が正しいのやら。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi