マット・デイモンが、ソダーバーグ監督作の主演に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年2月4日 > マット・デイモンが、ソダーバーグ監督作の主演に
メニュー

マット・デイモンが、ソダーバーグ監督作の主演に

2003年2月4日 12:00

知性派なオタクって感じ?「オーシャンズ11」

知性派なオタクって感じ?
[拡大画像]

オーシャンズ11」でスティーブン・ソダーバーグ監督と組んだマット・デイモンが、ソダーバーグ監督の最新作「The Informant」に主演することが決まった。本作は、巨大企業の不正を暴くために、FBIの密告者となり、同僚や社員の会話を2年間にわたって録音し続けた社員の活躍を描く社会サスペンス映画で、ニューヨーク・タイムズ紙の記者によるノンフィクションが原作。ソダーバーグ監督にとっては、「エリン・ブロコビッチ」「トラフィック」に続く社会派映画になる。ソダーバーグ監督とジョージ・クルーニーの会社、セクション・エイトが製作する。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi