ウィノナの万引き品が競売へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年1月28日 > ウィノナの万引き品が競売へ
メニュー

ウィノナの万引き品が競売へ

2003年1月28日 12:00

グッド・アイデアとは 言い難いが「アイス・エイジ」

グッド・アイデアとは
言い難いが
[拡大画像]

ウィノナ・ライダーが万引きした品物が、オークションに出される可能性が囁かれている。ウィノナ・ライダーは、ビバリーヒルズのサックス・フィフス・アベニューから5500ドル(約65万円)相当の品物を万引きして御用となったのは、ご存知の通り。1万ドルの罰金を支払い、現在は480時間の地域奉仕活動中であるウィノナだが、証拠として提出された盗品は、いまもビバリーヒルズの法廷に残されたままなのだ。一応、所有者はサックス・フィフス・アベニューということになるのだが、1万ドルの弁償金を受け取っているため、回収の意図はなさそうだ。このまま誰も受け取りにこなければ処分されてしまうため、ウィノナ自らがいったん引き取り、オークションに出す計画が持ち上がっている。オークションで得た収入をすべてチャリティに寄付すれば、イメージアップにつながるからである。また、ウィノナの復帰準備の方も順調で、逮捕後初の映画出演が決定。「Eulogy」というブラック・コメディで、テレビで有名なコメディアン、レイ・ロマーノ(「アイス・エイジ」)やデブラ・ウィンガーらと共演する。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi