キレる、殴る、それでもカワイイ“猟奇的な”彼女が来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年1月28日 > キレる、殴る、それでもカワイイ“猟奇的な”彼女が来日
メニュー

キレる、殴る、それでもカワイイ“猟奇的な”彼女が来日

2003年1月28日 12:00

素顔はご覧のとおりです「猟奇的な彼女」

素顔はご覧のとおりです
[拡大画像]

韓国では一大社会現象となった大ヒット作「猟奇的な彼女」。日本公開直前の1月22日、主役の“彼女”を演じるチョン・ジヒョンが来日しセルリアン・タワー東急ホテル(東京・渋谷)で記者会見を行った。

会場に現れたジヒョンは、カジュアルなジーンズ姿ながらもモデル出身とあってファッショナブル。男を殴り脅迫する、凶暴なのにチャーミングな“彼女”役ついて質問が相次いだ。「原作のインターネット小説は韓国で本当に人気があったので、オファーがあった時は嬉しかった。でも、自分は清純なイメージで見られることが多いので、最初は悩んだしプレッシャーもありました」。それでも脚本が気に入り、役になりきることを決心。「(チャ・テヒョン演じる相手役の)キョヌを殴ったり脅したりする、中でも特に凶暴なシーンが楽しかった」と話した。昨年末来日したテヒョンについては「面白くてかわいい、場を明るくする人。とても才能があり、演技についての議論もしました」と活気溢れる現場の様子を振り返った。酔って地下鉄でゲロ吐く“彼女”に対し、お酒は飲めないというジヒョンは、役柄と違い終始大人しい語り口だったが「“彼女”とは共通する部分も。時々だけどキレることもあります」と侮れない発言も。また、会見最後には、ゲストとして登場した格闘家の吉田秀彦を殴る、お約束なポーズで撮影に応じた。ちなみに、本人自身は「キョヌのような人もいいけど、リードしてくれる人が好き」とのことです。「猟奇的な彼女」はシャンテ・シネほかで公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi