レクター博士は逃亡中?「レッド・ドラゴン」来日会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年1月28日 > レクター博士は逃亡中?「レッド・ドラゴン」来日会見
メニュー

レクター博士は逃亡中?「レッド・ドラゴン」来日会見

2003年1月28日 12:00

日本で何してたの?「レッド・ドラゴン」

日本で何してたの?
[拡大画像]

羊たちの沈黙」「ハンニバル」に続く“レクター”シリーズの最新作であり、86年に原作を映画化した「処刑グラハム/凍りついた欲望」のリメイクでもある「レッド・ドラゴン」。公開に先駆け、主演のエドワード・ノートン、監督のブレット・ラトナー、製作のディノ・デ・ラウレンティスマーサ・デ・ラウレンティス夫妻が来日し、パークハイアット東京(東京・新宿)で記者会見を行った。

レクターのそっくりさんが拘束衣姿で登場、というパフォーマンスで始まった会見。原作者トマス・ハリスが初めてレクターを登場させたシリーズ第1作の映画化、言わば“エピソード1”ともいえる本作だが、製作者のラウレンティス夫妻は「シリーズものとしてでなく、1つの作品として観てほしい」と話し、ラトナー監督は「キャラクターの人間性や人間関係に焦点を当て、見えない、見せない恐怖を強調した。元FBI捜査官を演じたノートンは「(元上司役の)ハーベイ・カイテルと共にFBIで実際にプロファイリングを学んだ」と役作りについて話した。日本への留学経験もあるノートンは、質問にも時折日本語で答え、突如「オコノミヤキ、スキデス!」と茶目っ気たっぷりの発言も。一方、出演理由の1つとして「トニー(・ホプキンス)との共演」を挙げ、「とても真摯な人で、こちらの提案も受け入れるし提案もしてくれる。悪いところが1つもない」と最大級の賛辞を贈った。監督も「映画史に残る“レクター”役のトニーを演出できたことは特に光栄」と、ナイトの爵位を持つ名優との共同作業を楽しんだようだった。今回は、残念ながら来日しなかったホプキンスだが「皆さんは『レッド・ドラゴン2』や『ハンニバル4』があるか気になっていると思いますが、ディノの製作で『ハンニバルVS ゴジラ』だったら演ります(笑)」とのメッセージを監督が伝えた。「レッド・ドラゴン」は、2月8日よりロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi