ベッソンが見出した新鋭「トランスポーター」の監督を直撃 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年1月28日 > ベッソンが見出した新鋭「トランスポーター」の監督を直撃
メニュー

ベッソンが見出した新鋭「トランスポーター」の監督を直撃

2003年1月28日 12:00

ルイ・レテリエ監督「トランスポーター」

ルイ・レテリエ監督
[拡大画像]

ワケ有りの依頼品を、ルール厳守で目的地まで届けるプロの運び屋が、ある依頼品を引き受けたのをきっかけに、事件に巻き込まれていくサスペンス・アクション大作「トランスポーター」は、リュック・ベッソン率いるヨーロッパ・コープ・ジャパンの初めての公開作品でもある。昨年の東京国際映画祭で招待作品として上映された際、プロモーションのために来日したルイ・レテリエ監督に話を聞いた。

ジャンヌ・ダルク」のサード助監督だった彼が監督デビューを飾ることができたのは、レテリエを抜擢しようというベッソンの英断があったからこそ。「リュックからオファーを受けたとき、僕はまだ27歳。それまで短編やCMすらまともに監督していなかった僕には大きすぎるチャレンジだった」と当時を振り返る。現場にはベッソン組ともいえるベテランばかり。さぞかしプレッシャーがあっただろうと推測されるが「ベテランのスタッフや俳優陣との共同作業は、不安よりも頼もしく感じることの方が多かった。分からないことはその場で聞けばいいんだからね。僕を監督に抜擢するということはある意味、ベッソンにとって賭けだったと思うんだ。だからこそ、自分の信頼のおけるスタッフを配したんじゃないかな」と冷静に分析している。「最も難しかった」という高速道路を使ったカー・アクション・シーンの現場については、「子供の頃の夢が叶っているんだと実感して、撮影中嬉しくて仕方がなかった」と目をキラキラ。将来は「映画監督を目指す若者に『好きな監督はルイ・レテリエだ』と言ってもらえるようになりたい」と語るレテリエの新作は、再びベッソンが製作を手がけるアクション大作になる予定。ジェット・リーの主演も決定している。「トランスポーター」は2月1日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi