「フレンズ」映画化で脱ぐのは誰? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年1月7日 > 「フレンズ」映画化で脱ぐのは誰?
メニュー

「フレンズ」映画化で脱ぐのは誰?

2003年1月7日 12:00

先日、第10シーズンの製作が決定したばかりのアメリカの人気テレビ・シリーズ「フレンズ」が映画化されるかもしれない。映画版では、厄介なテレビ・ネットワークの検閲を通さなくても良いため、テレビよりもはるかにきわどい内容で、セックス・シーンや裸のシーンを含むことになるとみられている。真っ先に裸になるだろうと言われているのが、マット・ルブラン演じるジョーイ・トリビアーニ。スタジオ関係者は「彼には、ゲイはもちろん、たくさんの女性ファンがいる。彼の裸を観るためにたくさんの人が劇場に足を運ぶだろう」と語っている。

情報筋によれば、出演者たちは、映画化の契約が結ばれた後でようやくテレビ・シリーズのシーズン延長に同意したという。「フレンズ」は、全米ナンバーワンの視聴率を誇る人気番組。出演俳優たちも1エピソードにつき93万ドル(約1億1000万円)のギャラを獲得するスターたちだが、映画界では大成功しているとは言い難い。テレビだけでなく、映画スターとして成功を収めたいというのは、「フレンズ」出演者全員の密かな野望なのだ。だが問題はそのギャラ。映画への出演料は1人につき900万ドル(約10億8000万円)。これに加えて、興行収入の何パーセントかをおのおのに分配することになれば、製作費を圧迫することは確実。このバカ高い出演料が、映画の成功を奪うことにならなければ良いのだが。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi