ロベルト・ベニーニ、自らをクビに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年12月10日 > ロベルト・ベニーニ、自らをクビに
メニュー

ロベルト・ベニーニ、自らをクビに

2002年12月10日 12:00

「ピノッキオ」「ピノッキオ」

「ピノッキオ」
[拡大画像]

イタリアで記録的なヒットを飛ばしている「ピノッキオ」。監督・主演のロベルト・ベニーニは、「ライフ・イズ・ビューティフル」のアカデミー賞に続けと、アメリカ公開に合わせて英語吹き替え版の製作を行った。当初、自らの声で吹き替えする予定だったものの、あまりの発音の悪さに、断念せざるを得なくなったという。結局ベニーニの声は、ブレッキン・メイヤー(「ニューヨークの恋人」「ラット・レース」)また、妻ニコレッタ・ブラスキが演じたブルー・フェアリーの声はグレン・クローズが担当することになった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi