リュック・ベッソン、やっぱり監督しない? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年12月10日 > リュック・ベッソン、やっぱり監督しない?
メニュー

リュック・ベッソン、やっぱり監督しない?

2002年12月10日 12:00

もう撮らないかも?「トランスポーター」

もう撮らないかも?
[拡大画像]

先日、リュック・ベッソンが、自身が手がけた童話「アーサーとミニモイ」の映画版を監督するかもしれないというニュースをお届けしたが、どうやらただの噂だったようだ。さらに、同作に出演が噂されていたモーガン・フリーマンも、ベッソン製作による別の映画へのキャスティングであることが分かった。その新作とは、ヨーロッパ・コープ製作、「トランスポーター」の公開が待たれるルイ・レテリエ監督によるアクション「ダニー・ザ・ドッグ」。共演にジェット・リー、脚本はベッソンと「フィフス・エレメント」のロバート・マーク・ケイメンが共同で担当する予定。

ベッソンはこの他に、シルベスター・スタローンと、ジェームズ・バイロン・ハギンズの小説「極北のハンター」の映画化も企画中とのこと。やはり今は、監督業よりも製作業にご執心のようで、「10本撮ったら引退」と公言しているベッソンの9作目を拝めるのは、当分先になりそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi