エドワード・ノートンはご機嫌ななめ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年12月3日 > エドワード・ノートンはご機嫌ななめ
メニュー

エドワード・ノートンはご機嫌ななめ

2002年12月3日 12:00

約束は守りましょう「ミニミニ大作戦」

約束は守りましょう
[拡大画像]

エドワード・ノートンが、新作映画「The Italian Job」の撮影現場で、ひどくふてくされているという。同作は60年代のイギリス映画「ミニミニ大作戦」のリメイクなのだが、ノートン自身は出演の意欲はゼロだというのだ。それでも出演をオーケーしたのは、もしそうしなければ、パラマウント・スタジオから契約不履行で訴えられる可能性があるからだと、ノートンは説明する。リチャード・ギアと共演した「真実の行方」の二重人格者役でブレイクしたノートンは、当時、パラマウント・スタジオの映画に3本出演するという契約を交わしていた。しかし、その後、パラマウントが製作する映画には一切出演しなかったため、同社が製作する「The Italian Job」に出なければ訴えると脅されたのだという。ノートンは撮影1日目にこの事情を全クルーに説明し、パラマウントの重役からプレゼントされた新型ミニ・クーパーも「そもそもプレゼントは好きな人間に贈るものだ。あるいは、自分のことを好きな人にね」というメモをつけて、つっかえしたという。

エドワード・ノートンといえば、その卓越した演技力とともに、エゴが強いことでも知られている。「レッド・ドラゴン」出演時には、経験の浅いブレット・ラトナー監督(「ラッシュアワー」)をクルーの前でさんざんなじったのは有名な話である。ただでさえ品行方正とは言えない彼が、さらに不機嫌だというから、現場のスタッフは可愛そうというほかない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi