「8人の女たち」フランソワ・オゾン監督と2人の女優が来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年11月19日 > 「8人の女たち」フランソワ・オゾン監督と2人の女優が来日
メニュー

「8人の女たち」フランソワ・オゾン監督と2人の女優が来日

2002年11月19日 12:00

(左より)ビルジニー・ルドワイヤン、 フランソワ・オゾン監督、リュディビーヌ・サニエ「8人の女たち」

(左より)ビルジニー・ルドワイヤン、
フランソワ・オゾン監督、リュディビーヌ・サニエ
[拡大画像]

カトリーヌ・ドヌーブエマニュエル・ベアールほか、フランスを代表する女優8人が一同に介する話題作「8人の女たち」。同作の公開に先駆け、フランソワ・オゾン監督と2人の女優、ビルジニー・ルドワイヤンリュディビーヌ・サニエが来日し、11月18日、東京・銀座のワード資生堂にて記者会見を行った。

「まさか8人全員が、出演をオーケーするとは思わなかった」と、企画スタート時の心境を語ったのはオゾン監督。当初は「大スターを起用するなんて考えてもいなかった」そうで、「男性8人を女装させて演じさせるアイディアもあった」とか。“そうそうたる女優陣を相手に苦労はなかったのか?”との問いには、「女優1人1人との打ち合わせ段階ではあまり考えていなかったんですが、いざ撮影当日、女優が集まったとき……これは実はとんでもない作業なのでは!? と気が付きました(笑)。彼女たちの助けがなければ、作品はきっと完成しなかったでしょう」と語り、会場を笑いに包んだ。とはいえ、女優陣からは「自分たちに耳を傾けてくれ、とてもやりやすかった」(リュディビーヌ)、「カメラのフレーム技術にも長けていて、すべてを任せられる監督でした」(ビルジニー)と高評価。ハリウッド黄金期にオマージュを捧げ、「とにかく、女性をグラマラスかつセクシーに、美しく撮ろうと心がけた」(オゾン監督)点も、女優心をくすぐったのかもしれない。

8人の女たち」は、11月23日より、シネマライズ、銀座テアトルシネマほかにてロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi