「ソラリス」、R指定にソダーバーグ監督が激怒! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年11月12日 > 「ソラリス」、R指定にソダーバーグ監督が激怒!
メニュー

「ソラリス」、R指定にソダーバーグ監督が激怒!

2002年11月12日 12:00

納得いかないね「ソラリス」

納得いかないね
[拡大画像]

スティーブン・ソダーバーグ監督の最新作「ソラリス」が、全米のレイティングで「R」に指定されたことに関して、監督はレイティング審査をしたMPAA(Motion Picture Association of America)に異議を申し立てている。MPAAは「ソラリス」の中のセックスシーン2カ所が問題としているが、監督によるとどちらも暗い照明で、遠くから撮影したショットだという。すでにその2カ所を削除した「PG-13」バージョンを用意しているというが、MPAAの評価が一貫性を欠いていることを批判。健康的な「あの頃ペニー・レインと」や「リトル・ダンサー」が、暴力的な「ファイト・クラブ」や「トータル・リコール」と同様の「R」指定となっていることを例に出している。ちなみに、主演のジョージ・クルーニーのおしりがはっきりと見えるという話題のショットは、MPAAの指導を受けなかったため、PG-13バージョンにも残っているとのこと。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi