「007」、ショーン・コネリーの出演シーンがカットに? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年11月12日 > 「007」、ショーン・コネリーの出演シーンがカットに?
メニュー

「007」、ショーン・コネリーの出演シーンがカットに?

2002年11月12日 12:00

007/ダイ・アナザー・デイ」に、初代ジェームズ・ボンドのショーン・コネリーがカメオ出演しているらしいのだが、そのシーンが本編からカットされる可能性が出てきた。コネリーは、ピアース・ブロスナン演じるジェームス・ボンドの父親役として同作に出演しているのだが、イアン・フレミングの原作では、ボンドは孤児という設定になっていることが最近になって判明。「ダイ・アナザー・デイ」はオリジナル脚本だが、イアン・フレミングのキャラクターを用いているため、ファンからのクレームは避けられそうにない。話題作りのためにショーン・コネリーを担ぎ出した「007」のプロデューサー、バーバラ・ブロッコリは、いま難しい決断を迫られているという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi