ラッセル・クロウ、赤十字のチャリティ番組をドタキャン! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年11月5日 > ラッセル・クロウ、赤十字のチャリティ番組をドタキャン!
メニュー

ラッセル・クロウ、赤十字のチャリティ番組をドタキャン!

2002年11月5日 12:00

話題には事欠きません

話題には事欠きません
[拡大画像]

ラッセル・クロウが、赤十字社のチャリティTV番組出演をドタキャンしたことが明らかになった。その当時クロウは、ピーター・ウィアー監督作「Master and Commander」の撮影でメキシコに滞在中だったが、わずかな時間で済むならと番組出演に合意。ところが、現地に到着した番組スタッフは、突如キャンセルを言い渡された。クロウの広報は「映画の撮影が遅れて、現場を離れられなかったため」とその理由を説明しているが、番組のスタッフは、クロウの気まぐれが理由だとみている。このチャリティ番組は、先月、バリ島で起きた爆弾テロ事件被害者とその遺族への寄付金を募るためもので、被害者にオーストラリア人が多かったことから、オーストラリア出身の有名人に出演を依頼していた。最終的に、番組はニコール・キッドマンらの出演協力を得て、何とか450万ドルを集めることに成功したが、クロウの態度に番組側は大激怒。この事件をきっかけに、母国オーストラリアからも反感を買うことになりかねない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi