ウィノナ・ライダーの万引き裁判、始まる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年11月5日 > ウィノナ・ライダーの万引き裁判、始まる
メニュー

ウィノナ・ライダーの万引き裁判、始まる

2002年11月5日 12:00

裁判ってギャラもらえないの?

裁判ってギャラもらえないの?
[拡大画像]

いよいよウィノナ・ライダーの万引き裁判が始まった。ウィノナ側が無罪を主張する中、事件の舞台となったデパート、サックス・フィフス・アベニューの警備員が証言台に立った。昨年12月、店内で異常に気づいた彼は、ウィノナを万引きの現行犯で捕まえた。そのときウィノナは、「役づくりのために万引きしてこいって監督に言われたの」と言い訳をしていたという。その時、彼女が口走っていたのは、「ショップガール」というロマンティック・コメディと、「ホワイト・ジャズ」という犯罪映画の2本だったという。

一方、ウィノナの弁護団は、警備員の証言を作り話だと否定し、さらに、ウィノナが不当な扱いを受けたと訴えた。弁護団の主張によると、デパートの警備員はウィノナがノーブラだと知っていながら、調査を言い訳に、彼女の上着を持ち上げたという。さらに、今度の出演作の映画チケットをねだったり、手帳からキアヌ・リーブスやU2のボノの電話番号をコピーするなど、警備員としてあるまじき行為をしたと責めた。

裁判はまだ始まったばかり。激しい攻防が続きそうである。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi