ゴダールが36年ぶりの来日。日本映画を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年10月29日 > ゴダールが36年ぶりの来日。日本映画を語る
メニュー

ゴダールが36年ぶりの来日。日本映画を語る

2002年10月29日 12:00

「JLG/自画像」より「勝手にしやがれ」

「JLG/自画像」より
[拡大画像]

勝手にしやがれ」などで知られるヌーベルバーグの鬼才、ジャン=リュック・ゴダールが36年ぶりに来日。「第14回高松宮殿下記念世界文化賞」(主催・財団法人日本美術協会)で演劇・映画部門を受賞したゴダールは、23日に行われた同賞の授賞式に出席し、日本で初めてとなる記者会見を行った。

今年、72歳を迎えるゴダール。「なぜ映画を撮り続けているのか?」との質問に、笑い声をあげたあと「語ることができないから」とコメント。日本映画についてどう思うか? という問いには、「日本には、溝口健二黒澤明小津安二郎成瀬巳喜男といった優れた映画作家がいた。大島渚の『青春残酷物語』が真のヌーベルバーグだと思う。私やトリュフォーよりも前に、オオシマは既存の映画とは全く違う映画を撮っていた。また、北野武も素晴らしい。私は『HANA-BI』を気に入っているが、日本映画だからではなく、出演者が日本人だということを忘れるほど普遍的な映画だからだ。だが、“日本映画”というものは存在しない。ここでいう日本映画とは、日本人という民族の顔が見える映画のこと。映画とは、ある民族が自分自身の姿を見極めようとする手段だと思う。国民全体の顔が分かるような映画は、現代には存在していない。映画は難しい時期にきている」と語った。

ハリウッド映画については、「ハリウッド映画の世界支配はミステリー。アメリカには、もはや本当の映画プロデューサーはいない。いるのはエージェントと弁護士だけだ」。「アメリカはイスラム原理主義と対立を深めているのに、昔からハリウッドのことを映画の“メッカ”と言うのはなぜだ?」と皮肉も飛び出した。

現在準備中の新作は「わたしたちの歌」と題した3部作。「語ること」の苦手な監督の映画への意欲はまだまだ健在のようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi