監督に男も女も関係ないのよ!「K-19」キャスリン・ビグロー監督来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年10月29日 > 監督に男も女も関係ないのよ!「K-19」キャスリン・ビグロー監督来日
メニュー

監督に男も女も関係ないのよ!「K-19」キャスリン・ビグロー監督来日

2002年10月29日 12:00

(左より)ピーター・サースガード、 キャスリン・ビグロー監督、クリスチャン・カマルゴ「K-19」

(左より)ピーター・サースガード、
キャスリン・ビグロー監督、クリスチャン・カマルゴ
[拡大画像]

旧ソ連で実際に起きた、原子力潜水艦の放射能漏れ事故をモチーフに、船員たちの恐怖と必死の行動を描いたパニック大作「K-19」。東京国際映画祭で特別上映が行われた10月27日、監督のキャスリン・ビグローと、若き船員役で熱演を見せたクリスチャン・カマルゴピーター・サースガードが来日し、上映に先がけて記者会見を行った。「いつもスケールの大きな作品を撮っていますが、そういう映画を作るにあたって、女性だからこそできる事はありますか?」との質問を、キャスリン・ビグローは「確かに私の映画はスケールの大きなものが多いけど、女だから、男だからというのは全く関係ないわ。映画作りに大事なのは“情熱”そして“強い決意”だから」と軽くいなし、「過去の潜水艦映画には傑作が多いですが、何か他の映画を参考にしましたか?」との問いには、「この映画は別に潜水艦映画だとは思わない。あくまで人間ドラマよ。だから、他の潜水艦映画を見る必要はなかったし、また敢えて見ないようにしてたわ」となかなか強気のお答え。今年51歳とは思えない美貌の裏に、一筋縄ではいかない頑固さを垣間見せた。また、若く勇気ある乗組員を演じたクリスチャン・カマルゴは、「撮影中、何が大変だったかって、ハリソン(・フォード)みたいな大御所の俳優たちと仲良く仕事するのが一番大変だったよ」と現場での心境を吐露。そのハリソン・フォードは、この映画祭に合わせて来日予定だったが、スケジュールの都合で欠席となってしまった。「K-19」は12月14日より全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi