「ザ・リング」の主演女優来日。松嶋菜々子とご対面 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年10月29日 > 「ザ・リング」の主演女優来日。松嶋菜々子とご対面
メニュー

「ザ・リング」の主演女優来日。松嶋菜々子とご対面

2002年10月29日 12:00

日米の美女が顔合わせ「リング」

日米の美女が顔合わせ
[拡大画像]

大ヒットホラー「リング」(中田秀夫監督)のハリウッド・リメイク版「ザ・リング」の主演を務めたナオミ・ワッツ(「マルホランド・ドライブ」)が、プロデューサーのウォルター・F・パークスローリー・マクドナルドらと来日、28日、東京・日比谷にある帝国ホテルで記者会見を行った。

そもそも、なぜ「リング」をリメイクしようと思ったのか? プロデューサーのパークスによれば、「『リング』のテーマは、観ると7日間で死んでしまうビデオテープ。分かりやすく伝えやすい、力強いコンセプトだ。しかし、それはあくまでもスターティングポイント。実際の映画は、この素晴らしいコンセプトを上回るものだった。エモーショナルで謎に満ちた冒険が展開していた。だから、絶対にリメイクしたいと思ったんだ」

ナオミ・ワッツは、映画を観るよりも先に脚本を読んだという。「パワフルでシンプルなストーリーに惹かれたわ。実は、日本版の『リング』は一度しか観てないの。同じ役をやるにあたって、オリジナルにとらわれすぎるのは危険だと思ったから」

オーストラリア出身のナオミの親友は、あのニコール・キッドマン。ニューヨークのプレミアで、ナオミと共に本作を鑑賞したニコールだが、「映画の中で、(私が演じた)レイチェルが叫ぶシーンがあると、さらにもっと大きな声で叫ぶもんだから、思わず猿ぐつわをかまそうかと思ったわ(笑)。上映中も『階段を昇らないで!』『そのドアを開けちゃダメ!』ってずっと喋ってて、お願いだから静かにして!って感じだったの(笑)」

同日夜の、東京国際映画祭での上映会場には、「リング」の主演女優である松嶋菜々子が舞台挨拶に登場、ナオミ・ワッツに花束を贈呈した。本作は、11月2日に全国公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi