スピ&トム&石原都知事そろい踏み。東京国際映画祭開幕! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年10月29日 > スピ&トム&石原都知事そろい踏み。東京国際映画祭開幕!
メニュー

スピ&トム&石原都知事そろい踏み。東京国際映画祭開幕!

2002年10月29日 12:00

赤絨毯を踏んで来場した スピルバーグ(左)とトム「マイノリティ・リポート」

赤絨毯を踏んで来場した
スピルバーグ(左)とトム
[拡大画像]

年に一度の映画の祭典、第15回東京国際映画祭が東京・渋谷Bunkamuraをメイン会場に、26日より開催された。毎年、海外の大物ゲストが多数つめかける本映画祭。昨年は同時多発テロの影響のため、多くのセレブが来日をキャンセルしたわけだが、今年は期待を裏切らない、錚々たる顔ぶれが渋谷に集結した。

その中でも最も注目されたのが、オープニング作品となる「マイノリティ・リポート」のスティーブン・スピルバーグ監督とトム・クルーズの来日だ。スピルバーグにとっては86年の「カラー・パープル」以来、16年ぶりの来日となる。2人は26日、帝国ホテル(東京・有楽町)で記者会見を行った後、渋谷に移動。赤絨毯が敷かれたBunkamuraのオーチャードホール前に姿を現すと、2人をひと目見たいと会場周辺に陣取った1000人近くのファンが悲鳴にも似た声を上げ、2人は予定されていた時間を大幅に上回ってサインや握手のファンサービスを行った。その後、2人は本映画祭のオープニングセレモニーに参加し、舞台挨拶を行った。


オープニングセレモニーにて (左より)石原都知事、スピルバーグ、トム・クルーズ「マイノリティ・リポート」

オープニングセレモニーにて
(左より)石原都知事、スピルバーグ、トム・クルーズ
[拡大画像]

壇上に立ったスピルバーグ監督は、開口一番、「私にとっては16年ぶりの来日です。思い入れのあるこの『マイノリティ・リポート』とともに、皆さんに会うことができ、うれしく思います。トムとは、今回初めて一緒に映画を作ることができました。とても嬉しいです」とコメントすれば、トム・クルーズは「このような映画祭に招かれることができて、非常に名誉に思います。スティーブンとの仕事は素晴らしい経験でした」と述べ、2人のコラボレートが息の合ったものであることを証明した。

また、本映画祭を後援している東京都を代表して壇上に現れた石原慎太郎都知事は、「都知事の仕事が終わったら、映画監督になりたい。素晴らしい作品を作ってみせる」と宣言。3人は熱い握手を交わした。第15回東京国際映画祭は11月4日まで開催中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi