映画「Phone Booth」、無差別連続狙撃事件の影響で公開延期 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年10月22日 > 映画「Phone Booth」、無差別連続狙撃事件の影響で公開延期
メニュー

映画「Phone Booth」、無差別連続狙撃事件の影響で公開延期

2002年10月22日 12:00

「Phone Booth」「レッド・ドラゴン」

「Phone Booth」
[拡大画像]

20世紀フォックスが公開を予定していた「Phone Booth」の公開が延期された。無人の電話ボックスの受話器をとってしまった主人公(コリン・ファレル)と、「電話を切ったら撃つ」と警告する狙撃犯(キーファー・サザーランド)との闘いを描くという映画の設定が、現在ワシントンDC近郊で起きている連続無差別狙撃事件と酷似しているためである。監督のジョエル・シュマッカーは、「全米にはまだまだたくさんの連続殺人犯が野放しになっているのに、『レッド・ドラゴン』は公開されているじゃないか。わたしの映画だけ延期になるのは納得いかないよ」と、スタジオの決定に不満を述べている。 ちなみに、ほぼ全編が電話ボックスで進行する「Phone Booth」は、数年前からホットなプロジェクトとしてハリウッドで話題を呼んでおり、一時期はマイケル・ベイ監督、ウィル・スミス主演で映画化することになっていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi