「スパイダーマン2」の脚本に、ピュリッツァー賞作家が : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年10月1日 > 「スパイダーマン2」の脚本に、ピュリッツァー賞作家が
メニュー

「スパイダーマン2」の脚本に、ピュリッツァー賞作家が

2002年10月1日 12:00

次の悪役キャラは?「スパイダーマン」

次の悪役キャラは?
[拡大画像]

大ヒットした「スパイダーマン」の続編、「アメージング・スパイダーマン」の脚本執筆が急ピッチで進められている。第1作を執筆したデビッド・コープが続編の原案を作成したものの、多忙のため降板。「シャンハイ・ヌーン」を執筆したアルフレッド・ガウとマイルズ・ミラーが脚本を執筆した。この完成したばかりの脚本を、今度は、小説家のマイケル・シェイボンがリライトすることになった。シェイボンと言えば、「ワンダー・ボーイズ」の原作者として知られ、「The Amazing Adventures of Kavalier & Clay」では、ピュリッツァー賞も受賞している人気作家である。実は大のコミックファンとしても知られ、「The Amazing Adventures of Kavalier & Clay」はスーパーマンのクリエイターをモデルにしているほどだ。「X-メン」の初期の脚本にも参加しており、この「スパイダーマン」の続編に、並々ならぬ意欲を燃やしているそうだ。

Motion Picture (C) 2002 Columbia Pictures Industries, Inc.

Spider-Man Character TM and (C) 2002 Marvel Characters, Inc. All Rights Reserved.

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi