「Dolls(ドールズ)」会見&プレミア試写、文楽の本場上方にて開催 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年10月1日 > 「Dolls(ドールズ)」会見&プレミア試写、文楽の本場上方にて開催
メニュー

「Dolls(ドールズ)」会見&プレミア試写、文楽の本場上方にて開催

2002年10月1日 12:00

(左より)管野美穂、文楽人形の梅川と忠兵衛 西島秀俊、森昌行プロデューサー「Dolls(ドールズ)」

(左より)管野美穂、文楽人形の梅川と忠兵衛
西島秀俊、森昌行プロデューサー
[拡大画像]

北野武監督最新作「Dolls(ドールズ)」の記者会見とプレミア試写会が、9月24日、大阪・国立文楽劇場にて行われた。ベネチア映画祭での上映後、日本での初上映となった今回の舞台挨拶には、主演の管野美穂、西島秀俊森昌行プロデューサーに加え、劇中に登場する文楽人形の“梅川”と“忠兵衛”、演ずる吉田簑太郎、吉田玉女豊竹嶋大夫(大夫)、鶴澤清介(三味線)らが揃った。国立文楽劇場で劇映画の撮影が行われたのは、同作が初めてとのこと。文楽人形と初の対面となった主演2人は、改めて文楽人形の世界観や、格式ある伝統芸能のステージに立った感動と喜びを伝えた。

ベネチア映画祭での上映後、賛否両論に評価が分かれる同作だが、「(この反響は)当初から予想していたこと。逆に正当な評価だと喜んでいる」と森プロデューサー。菅野は、「この映画は、観る人の経験や価値観、その瞬間の自分自身が試される作品だと思います。だからこそ賛否両論が出ることは素晴らしいし、互いの意見を交換できる事は素敵なことだと思います」と語り、西島秀俊は「安易に羨ましい生き方とは言えないけれど、壮絶な生き方、愛し方を貫けるふたりが本当に羨ましいですね」と述べた。

Dolls(ドールズ)」は、10月12日より、丸の内ピカデリー2ほか全国松竹系にてロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi