個性派俳優が勢揃い「6人の男たちフィルムズ」会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年9月24日 > 個性派俳優が勢揃い「6人の男たちフィルムズ」会見
メニュー

個性派俳優が勢揃い「6人の男たちフィルムズ」会見

2002年9月24日 12:00

(後列左より)光石研、松重豊、寺島進 (前列左より)遠藤賢一、大杉漣

(後列左より)光石研、松重豊、寺島進
(前列左より)遠藤賢一、大杉漣
[拡大画像]

大杉漣、遠藤賢一、田口トモロヲ寺島進松重豊光石研──今やインディペンデント、メジャーを問わず、日本映画に欠かせない顔となった個性派6人。彼ら自らがそれぞれ選んだ3作品を連続上映する特集企画「6人の男たちフィルムズ」が、10月19日より11月29日まで6週間に渡って、東京・シネマ・下北沢にて行われることになった。9月20日には、公開を記念して会見が行われ、撮影のため急遽欠席となった田口トモロヲを除く5人が一堂に会した。

「田口くんも連れてきました」とおもむろに遺影のような写真を取り出し会場を笑いに包んだ大杉は、「このメンバーは、普段から仲間でありライバル。みんなでなにかやれたらと思っていたので、こういった形で実現できて嬉しい」と満足そうに語った。気になるラインナップは、「裸になってる作品ばかりを集めてみました(笑)」(遠藤)そうだが、北野武三池崇史青山真治黒沢清ら日本が誇るフィルムメーカーの作品が目白押し。日本映画の最前線にいる個性派俳優と監督たち、彼らの持ち味を楽しむ絶好の機会となりそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi