今日はいたって“ノーマル”。リチャード・ギア来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年9月24日 > 今日はいたって“ノーマル”。リチャード・ギア来日
メニュー

今日はいたって“ノーマル”。リチャード・ギア来日

2002年9月24日 12:00

ロマンス・グレーがやっぱりダンディ「運命の女」

ロマンス・グレーがやっぱりダンディ
[拡大画像]

危険な情事」「幸福の条件」のエイドリアン・ライン監督の新作にして、大胆な性描写で話題の官能ドラマ「運命の女」。本作のプロモーションのため主演のリチャード・ギアが9年ぶり6度目となる来日を果たし、24日、パークタワーホール(東京・新宿)にて来日記者会見を行った。

会見の冒頭、本作の役作りのポイントについて尋ねられた彼は「この作品の主人公はとってもノーマルな男性なんだ。この“ノーマル”というのがとても難しい。特徴がないということだからね。だからこそ繊細に、そして注意深く役作りをしたよ」とコメント。続けて「映画を撮っている場所は自宅からとても近いところでね。そこである時、撮影用の衣裳のまま自宅にランチを食べに帰ったんだ。すると妻に『今日のあなたはとてもノーマルね』って言われたんだ。監督はとても喜んでいたよ」と裏話を披露。いつもアウトサイダーな役を演じることが多かった彼にとって、この“ノーマル”な役は俳優としての新たな可能性を提示する、よいきっかけとなったのかもしれない。

また、記者に男の憧れ“ダンディズム”について尋ねられると「20年前はそうだったかもしれないけど、今はもうそんなことはないよ。もう革ジャンも無いし(笑)。あの頃は革ジャンの襟をピンと立てる必要があったけどね(笑)」とコメントし、会場の笑いを誘った。「運命の女」は2003年1月、全国東宝洋画系にてロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi