タランティーノの新作は「映画の中の映画」に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年9月17日 > タランティーノの新作は「映画の中の映画」に
メニュー

タランティーノの新作は「映画の中の映画」に

2002年9月17日 12:00

ヒマしてたわけじゃないよ「キル・ビル」

ヒマしてたわけじゃないよ
[拡大画像]

5年ぶりの新作「キル・ビル」を6月から撮影しているクエンティン・タランティーノ監督が、米「エンターテイメント・ウィークリー」誌のインタビューに答えている。タランティーノによると、「キル・ビル」のアイディアは「パルプ・フィクション」の撮影中に、ユマ・サーマンと交わした会話がきっかけ生まれたもので、94年当時にはすでにある程度脚本ができていたという。しかしその後、タランティーノはエルモア・レナードの「Rum Punch」に惚れこみ、同小説を原作とした「ジャッキー・ブラウン」を優先。その後「キル・ビル」の脚本を再開させようとしたら、今度は、第2次大戦の映画企画に夢中になり、「Inglorious Bastards」という脚本を延々と執筆。映画3本分ぐらいの大巨編になってしまったのだという。そして、「Inglorious Bastards」の映画化を準備していたら、2000年のアカデミー賞でユマ・サーマンと再会し、「キル・ビル」への情熱が復活。一気に脚本を書き上げるものの、ユマ・サーマンの妊娠が発覚し、今年6月まで待たなければいけなかったいう。つまり、5年も映画を撮らなかったのは、単にいろんな作品に手をつけていたからということのようだ。さて、肝心の「キル・ビル」だが、これはタランティーノ初の「映画の中の映画」になる、という。タランティーノ曰く、彼の作る映画には2つの世界があり、ひとつは、「レザボア・ドッグス」や「パルプ・フィクション」「トゥルー・ロマンス」のような「リアルな映画」。そしてもうひとつが、映画のキャラクターが劇中で見に行くような荒唐無稽な「映画の中の映画」。「フロム・ダスク・ティル・ドーン」や「ナチュラル・ボーン・キラーズ」がこのジャンルに入るが、彼自身が監督するのは「キル・ビル」が初めてになるという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi