マドンナ、主演作の性描写を当初の4分の1に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年9月10日 > マドンナ、主演作の性描写を当初の4分の1に
メニュー

マドンナ、主演作の性描写を当初の4分の1に

2002年9月10日 12:00

44歳でようやくですか

44歳でようやくですか
[拡大画像]

夫であるガイ・リッチーが監督した「Swept Away」が全米で10月に公開されることが決まったマドンナが、バニティ・フェア誌のインタビューで、本編中の性や暴力の描写を当初の4分の1ほどに減らしたことを明らかにした。マドンナは、「主人公たちが裸のままでいるシーンばかりじゃ意味がないわ」とコメントした上で、「私は別にいいんだけど、ガイがいやがったのよ」と実情を吐露。さらに、いつも自分が一番でなければ気が済まなかったり、常識破りの性的刺激を与え続けてきたことは、2人の子供の母親として恥ずかしい行動だと気づき、「やっと大人になった」と発言。ガイと一緒に、5~8歳向けの童話を製作したとも語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi