“アンジェリーナ”と彫ったタトゥー。別れてどうなった? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年8月27日 > “アンジェリーナ”と彫ったタトゥー。別れてどうなった?
メニュー

“アンジェリーナ”と彫ったタトゥー。別れてどうなった?

2002年8月27日 12:00

懲りない男

懲りない男
[拡大画像]

愛と忠誠の証として、アメリカでは恋人の名前をタトゥーにするカップルが少なくない。だが、簡単に消せないだけに、別れたときどうするかというのが大きな疑問。たとえばジョニー・デップの場合、腕に彫った「ウィノナ・フォーエバー」というタトゥーは、ウィノナ・ライダーと破局を迎えたあとは、「Winona」の「na」を消して、「Wino(飲んだくれ)・フォーエバー」と変えられた。そして今、アンジェリーナ・ジョリービリー・ボブ・ソーントンが破局したことで、ビリー・ボブの腕に入った「アンジェリーナ」のタトゥーがどうなるか注目されている。ある目撃情報によると、すでにそのタトゥーは別の模様に変えられているというのだ。すでに過去を清算してしまったビリー・ボブは、最近ダニエルという無名女優とデートしているところを数回に渡って目撃されている。しかし、「ダニエル」というタトゥーは、彫らない方がよさそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi