「スパイダーマン」、勝訴。映画中の広告はオリジナルもOK : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年8月13日 > 「スパイダーマン」、勝訴。映画中の広告はオリジナルもOK
メニュー

「スパイダーマン」、勝訴。映画中の広告はオリジナルもOK

2002年8月13日 12:00

画像1

[拡大画像]

ニューヨークのビルボード(広告看板)や建物の所有者たちが、「スパイダーマン」が商標権を侵害しているとして、製作および配給を手がけるソニー・ピクチャーズエンタテイメントらを訴えていた裁判で、裁判官はその訴えを棄却した。映画「スパイダーマン」には、ニューヨークの実在の建物が多く登場するが、映画の中では、ビルボードの広告を実際の広告とは別のものに差し替えている。これに対し、ビルボードやビルの所有者たちは、映画の世界でも、自分たちの権利が守られるべきだと訴訟を起こしていた。裁判長は、映画作品におけるデジタル処理は、「言論の自由」で保護されていると判断し、原告の主張を退けた。最近の映画やテレビ番組では、「スパイダーマン」に限らず、実在の広告をデジタル処理で差し替えることが多くなっているが、この判決はその流れに拍車をかけることになりそうだ。

Spider-Man(R),Green Goblin(R),the Characters(R)&(C)2002 Marvel characters,Inc. All Rights Reserved.

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi