「インソムニア」監督来日。「アル・パチーノにはビビったよ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年8月13日 > 「インソムニア」監督来日。「アル・パチーノにはビビったよ」
メニュー

「インソムニア」監督来日。「アル・パチーノにはビビったよ」

2002年8月13日 12:00

素顔はとってもまじめそう「インソムニア」

素顔はとってもまじめそう
[拡大画像]

アル・パチーノロビン・ウィリアムズヒラリー・スワンクというアカデミー賞俳優が顔をそろえた本格派サスペンス「インソムニア」(9月上旬公開)のプロモーションのため、クリストファー・ノーラン監督が来日。7日、東京・銀座のホテル西洋にて来日会見を行った。

前作「メメント」で一躍脚光を浴びたものの、まだ弱冠32歳。ベテラン俳優を演出するにはまだ経験不足では、との見方も多かったが「経験豊かで才能ある人たちだったからこそ、やりやすかったんだ。3人とも何を求められているのか熟知していて、『あ・うん』の呼吸で撮影は進んだよ」とコメント。とはいえ、強面のアル・パチーノとの初対面は緊張したとか。「最初は誰だってビビるよね? でも、彼自身そういう相手の反応をよくわかっていて、とてもリラックスさせてくれた。仕事の話を進めるうちに監督として信頼してくれて、僕にすべて委ねてくれたんだよ」。本作では、コメディや良い人のイメージが強いロビン・ウィリアムズが、凶悪犯に扮していることも話題だ。「現場では、ロビンお得意のジョークや物真似でみんなを和ませてくれたよ。でも、さすがにアル(・パチーノ)の前では押さえ気味だったけどね(笑)」。

タイトルの「インソムニア」は不眠症の意。6日間眠れない刑事役のアル・パチーノの演技はもちろん、ノーラン監督のリアルな演出も見所だ。「編集しているときにちょうど子供が生まれて、ほとんど眠れなかったから、不眠症の状態がよく理解できたのかも」と普通のパパの一面も覗かせた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi