災難続きの「ドン・キホーテ」、ギリアム監督の超ウラ技が! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年8月13日 > 災難続きの「ドン・キホーテ」、ギリアム監督の超ウラ技が!
メニュー

災難続きの「ドン・キホーテ」、ギリアム監督の超ウラ技が!

2002年8月13日 12:00

98年の「ラスベガスをやっつけろ」以降、しばらく劇場映画から遠ざかっていたテリー・ギリアム監督。久々の新作と意気込んでいたジョニー・デップジャン・ロシュフォール主演の「ドン・キホーテ」は、様々な災難に見舞われて頓挫している。いったん撮影は始まったものの、NATO基地近くのロケでは、F16機の騒音に妨害され撮影中断。更に、ドン・キホーテ役のロシュフォールが病気のためパリの自宅に戻ることなりまたもや中断となり、挙げ句の果てには、セットのほとんどが激しい嵐で崩壊してしまったのである。この「地獄の黙示録」を彷彿とさせるトラブルにもめげず、現在ギリアム監督は、撮影続行に必要な4000万ドル(46億円)を捻出しようと奔走中である。ギリアム監督の秘策は、同作の製作過程を記録したドキュメンタリー映画を公開し、その収益を製作費に充てるというもの。「ロスト・イン・ラマンチャ」と名付けられたドキュメンタリー映画は、実はヨーロッパの一部地域ですでに上映が開始されている。それにしても、完成もしていない映画のドキュメンタリー映画が上映されるというのは、きわめて異例のケースである。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi