イーサン・ホーク、小説家としての評判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年8月6日 > イーサン・ホーク、小説家としての評判
メニュー

イーサン・ホーク、小説家としての評判

2002年8月6日 12:00

天は二物を与える「チェルシーホテル」

天は二物を与える
[拡大画像]

初監督作「チェルシーホテル」が日本でも公開され、全米では2作目の小説が発売されるなど、俳優としてよりもクリエイターとしての活動が目立つイーサン・ホーク。その、発売されたばかりの小説「アッシュ・ウェンズデイ」はマスコミの評判も良く、このまま作家になった方がいいのでは、との声も聞こえてくる。もともとイーサン・ホークは作家志望で、名門のニューヨーク大学でも文学を専攻していたのだが、俳優業が忙しくて退学してしまっている。「トレーニングデイ」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされるなど、俳優業である程度の成果を上げた今、ようやく文筆業に専念できる環境が整ったということかもしれない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi