「バットマンVSスーパーマン」キャスティング早くも大詰め? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年7月30日 > 「バットマンVSスーパーマン」キャスティング早くも大詰め?
メニュー

「バットマンVSスーパーマン」キャスティング早くも大詰め?

2002年7月30日 12:00

先日お伝えしたばかりの新作「バットマンVSスーパーマン」だが、早くも主演2人のキャスティングが大詰めを迎えている。製作決定のニュースと同時にスーパーマン役は、「A.I.」「ロード・トゥ・パーディション」のジュード・ロウ、バットマン役は「ジャスティス」のコリン・ファレルという噂がネットを駆けめぐり、米ワーナー映画があわてて「まだ決定はしていない。でも彼らも候補」という声明を発表した。でも、とりたてて強く否定していないところがミソ。しかし、こうして演技派として躍進中の俳優たちが主演と噂されるのも、本作がただのヒーロー映画とはひと味違うからだろう。脚本は「セブン」のアンドリュー・ケビン・ウォーカー。光のヒーロー、スーパーマンと闇のヒーロー、バットマンが、相反する信念のために対立、しかし、スーパーマンは彼が信じる伝統的正義ゆえに、そしてバットマンはバイオレンスの魅力に惹かれてしまうがゆえに、それぞれ危機に陥ってしまう、という話らしい。いわゆるアメコミものとは一線を画す、ヒーローたちのアイデンティティ・クライシスを描くドラマになりそうだ。監督は「エアフォース・ワン」「パーフェクト・ストーム」のウォルフガング・ペーターゼン。2003年早々に撮影開始、2004年夏に公開予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi