イーサン・ホーク来日。妻との仕事は大変! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年7月23日 > イーサン・ホーク来日。妻との仕事は大変!
メニュー

イーサン・ホーク来日。妻との仕事は大変!

2002年7月23日 12:00

腰にそっと添えた手がポイント「チェルシーホテル」

腰にそっと添えた手がポイント
[拡大画像]

本年度のアカデミー賞で助演男優賞に初ノミネートされる一方、舞台や小説の執筆などマルチな才能で活躍するイーサン・ホークが、初監督作品「チェルシーホテル」のキャンペーンのため来日、7月17日、テアトルタイムズスクエア(東京・新宿)にて行われた試写会の後、舞台挨拶を行った。

本作は、アンディー・ウォーホールやジミ・ヘンドリックスなど多くの文化人や芸術家が愛した、ニューヨークに実在する「チェルシーホテル」を舞台にした物語。はかない夢と切ない愛を求めて生きる住人たちの人生模様を、リリカルな映像と音楽、そして詩的なナレーションで演出した個性的な作品だ。

作品の上映後、ふらりと舞台に姿を現したイーサン。本作を作るきっかけについて「ニューヨークで僕が組織している劇団を、デジタル・カメラで撮影していたら作りたくなったんだ。デジタル・カメラで作品を作ると低コストだし、自分が撮りたいものを撮ることができるんだよ」と語った。本作に出演している妻のユマ・サーマンとの映画作りは? との質問に、「彼女は、撮影中最も僕の言うことを聞いてくれなかった役者だよ(笑)。夕陽をバックに撮影を始めようとしたら、彼女は『もう遅いし、子供たちも帰りたがっているから撮影はやめましょう』って言うんだ。僕が『夕陽は今しかないよ!』と言うと『太陽は明日もあるじゃない』だって。参ったよ」と、撮影のエピソードとともに愛妻家(恐妻家?)ぶりも披露した。

舞台挨拶の最後には叶姉妹が花束を贈呈。2人に挟まれたイーサンは「この写真、ユマには渡さないでね」と会場を沸かせた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi