トロント国際映画祭、オープニングは“9・11”を意識 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年7月9日 > トロント国際映画祭、オープニングは“9・11”を意識
メニュー

トロント国際映画祭、オープニングは“9・11”を意識

2002年7月9日 12:00

9月5日より14日まで開催される第27回トロント国際映画祭のオープニングは、アトム・エゴヤン監督がアルメニア問題をテーマにした「Ararat」に決定した。デビッド・クローネンバーグ監督の「Spider」を押さえて同作がオープニング作品に選ばれたのは、昨年、同映画際期間中に起きた9月11日の米中枢同時多発テロ事件を追悼するのにふさわしい作品であることからだという。ちなみにテロ事件が起きた昨年は、映画祭を一時中断、その後スケジュールを再編成し、2日間延長して全ての行程を乗りきっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi