ドリームワークス、またもディズニーにケンカを売る! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年7月2日 > ドリームワークス、またもディズニーにケンカを売る!
メニュー

ドリームワークス、またもディズニーにケンカを売る!

2002年7月2日 12:00

ドリームワークスとディズニーのアニメーション部門が犬猿の仲であることは周知の事実である。これまで、ディスニーが配給する「バグズ・ライフ」(製作はピクサー)にドリームワークスは「アンツ」をぶつけたり、同じくピクサー製作の「モンスターズ・インク」の全米公開に、「シュレック」の全米ビデオ発売をぶつけたりと、とりわけドリームワークス側のライバル意識が目立っている。この裏には、ディズニーをクビになった過去を持つ現ドリームワークスのジェフリー・カッツェンバーグ氏の怨念があると言われ、その恨みはアカデミー賞初のアニメーション部門賞(「シュレック」)を取っても晴れなかったようだ。

このほど、ドリームワークスは2004年公開作の日程を早くも発表したのだが、その公開スケジュールは、ディズニーの縄張りを荒らしたとしか思えないもの。例えばドリームワークスは、2004年の11月19日に「Sharkslayer」(ジェームズ・ガンドルフィーニマーティン・スコセッシが声優を務める海洋ギャングアニメーション)を公開すると発表したが、この感謝祭週末の時期は、例年「トイ・ストーリー」シリーズや「モンスターズ・インク」、「101」などディズニー映画の公開日として知られている。また、注目の「シュレック2」は、サマーシーズンまっただ中の6月18日の公開に決定。ディズニーがピクサー製作の「The Incredibles」の公開日を発表する前に、ドリームワークスがベストポジションを奪った形となった。今度のディズニーの出方に注目である。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi