オリバー・ストーンVSウィリアム・フリードキン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年7月2日 > オリバー・ストーンVSウィリアム・フリードキン
メニュー

オリバー・ストーンVSウィリアム・フリードキン

2002年7月2日 12:00

常に政治のタブーに挑戦してきたオリバー・ストーン監督の発言が、ウィリアム・フリードキン監督(「エクソシスト」)の逆鱗に触れ、物議を醸している。ことの発端は、6月19日付の米映画業界誌「バラエティ」のストーン監督のインタビュー記事。ストーン監督は自身が製作を手がけるイスラエル問題をテーマにしたドキュメンタリー映画について質問を受け、パレスチナ人の自爆テロを擁護する発言をした。すると、読者投稿の形でフリードキン監督が猛反発。この問題はイスラエル国内でも波紋を呼んでいるという。同ドキュメンタリーを製作するフランスのカナルプリュス社は、映画が完成するまで判断しかねるとコメントしているが、ストーン監督からの反論はまだない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi