ウィル・スミス、トミー・リー来日。「彼はエゴの強い役者」? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年6月11日 > ウィル・スミス、トミー・リー来日。「彼はエゴの強い役者」?
メニュー

ウィル・スミス、トミー・リー来日。「彼はエゴの強い役者」?

2002年6月11日 12:00

(左より)トミー・リー・ジョーンズ、 ララ・フリン・ボイル、ウィル・スミス「メン・イン・ブラック2」

(左より)トミー・リー・ジョーンズ、
ララ・フリン・ボイル、ウィル・スミス
[拡大画像]

先週舞台挨拶の模様をお伝えしたトミー・リー・ジョーンズに加え「メン・イン・ブラック2」より、もう1人の主演ウィル・スミスと、セクシーな悪役エイリアンを演じるララ・フリン・ボイルが来日。6月5日、フォーシーズンズホテル(東京・目白)にて、3人揃っての会見を行った。

前作に引き続き、本作でもテーマ曲を担当したウィル・スミス。俳優、ミュージシャンとしての成功の秘訣を聞かれた彼は「僕はパーフェクトじゃないとがまんできないから、とても努力をする。それでもうまくいかない時には、僕のせいじゃないと思ってあきらめるんだ」とおどけながらもマジメな一言。続いて、LuxのCMや「ツイン・ピークス」ドナ役で知られるララは、役作りについて「敵役だったけど、かわいくて憎らしい、女性らしい面を残すように気をつけたわ」とコメントした。また今回、新たに登場するMIBエージェント“F”について質問が及ぶと、ウィルは「時間には遅れるし、専用のトレーラーも持ってるし、全く彼はすばらしい俳優だよ。トミーやララと違って、読み合わせもしてくれないしね」と不満たらたら。さらに、トミー・リーも「彼は自分のイメージに敏感なエゴの強い役者」と真顔で語り、会場に集まった取材陣の笑いを誘った。というのも“F”とはパグ犬フランクのこと。最後にウィルは「彼も犬役ばかりでつらいと思うけど、がんばってほしいな」と締めくくった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi